ウィング パチンコ イベント

ウィング パチンコ イベント

どれにしようかな…………何が良いかな……って……「……ちがうっ⁉︎ なんかすんなり席に座っちゃったけどそうじゃない!」「へ? あっ…………そ、そうでした! すいませーんっ!」 お決まりですか? と、店主さんがニコニコとやって来てくれたのだが…………うぐっ、なんて心苦しい……っ

でも……こうでもしなくちゃ生きていけないから……っ

あなたも好きかも:ジャック ポット スロット
申し訳無さを必死に飲み込んで、僕達は旅の途中でお金を全て失ってしまったのだ、と

そこで、今の自分達に払える対価でご飯を食べさせて欲しい

あなたも好きかも:パチンコ 爆発台 傾向
叶うなら仕事を受けられる場所を教えて欲しい

と、図々し話ではあるが、猫顔の店主に頭を下げてお願いする

すると、最初は驚いた顔をしたが、店主はすぐにまたニコニコと笑って僕達のお願いを快諾してくれた

か、神や……神がここにいる……ネコと和解せよ……っ

あなたも好きかも:ナースウィッチ小麦ちゃん スロット 実機
お言葉に甘えて……と、ホッと一息ついて席で待っていると、店主は次々とご馳走を運んで来てくれた

あ、あれ……? 多い、多いよ⁈ シェフ⁈ 猫シェフ⁈ フルコースなんて出さなくても良いのよ⁉︎ ちょっと⁉︎ シェフーっ⁉︎

お金なんて本当にびた一文持ってない

だというのに、猫顔の店主はニコニコ笑顔で次々と料理を運んでくる

ま、まって……あんまり食べちゃうと……いくら働いて支払うと言っても、僕達の一日の労働じゃ返しきれないレベルになってしまう……っ

「あ、あの……っ

本当にこれっぽっちもお金なんてなくて……価値のありそうなものも何も……」「ええ、分かってますよ

ですので、食べ終えたらお店の手伝いをして下さるのですよね?」 いや……うん、そういう約束だけどさ……そうだけど……た、足りますか……? 今はもうお昼過ぎ、お客さんのピークはとっくに過ぎてしまっているだろう