アルゼ スロット 4号機

アルゼ スロット 4号機

「ナーニャか……?」「いやー黄金に光り輝いてないぞー?あれは……」セイの次に放った言葉を俺は理解できなかった

いや、脳が理解してるのに恐らくはその言葉を捨てた

あなたも好きかも:ミスティック・ウィール
しばらく固まっていると「おいータカユキー、行くぞー?」ニヤニヤしたセイが背中を叩いてくる

「……あれ、無視しない?」「そういうわけにはいかんだろー

 セイ様もスルーしていきたいが、とうとう出現したからなー」そうなのだ

屋上の人物はどう考えても美射である

こちらへ向けて必死に手を振ってきている

「……あいつを放置して、何とかナーニャと合流しないか?」一応、もう一度尋ねてみる

あなたも好きかも:パチンコ キャッツアイ 甘 保留
にゃからんてぃが首を横に振ったので仕方なく行くことにする

ナーニャが見つけやすいようにセイと俺両方とも黄金の炎を纏い宙を駆けて新校舎の方の屋上へと駆けていく

当然、手を振ってきている美射の元へと向かっているわけだが何と高速で近づくほどに高校の制服を着た美射の姿が薄れていきそして、消え失せた

屋上へと着地しながら俺は小さくガッツポーズをする

あなたも好きかも:大分市 スロット a1
「おいータカユキー

セイ様も同じ気持ちだがー 居たら居たで、解決に導けたかもしれないだろー?」セイからまともに窘められて、一瞬固まる

「た、確かにそうだが、居なければ居ない方がいいだろ……」セイの頭の上で座り込んで腕を組んだにゃからんてぃを恐る恐る見つめると「……セイさんの言う通りだが、鈴中さんが出てくると さらに事態の複雑さが増すという可能性もある

 ここは一旦放置して、ナーニャさんを新校舎で探索するか」俺は安堵して深く頷いた

山根家で何かしくじって七不思議に閉じ込められたならむしろ永遠に閉じ込められたままにしておいて欲しい