シチュ スロット

シチュ スロット

そろそろ、僕の社会的地位がやばい

とてもやばい」「え、落ち着いてるよ? 落ち着いてるから、早く街の方に戻ろう?」 僕とのおしゃべりを待ちきれず、うきうきとした様子でスノウはコルクに戻ろうとする

「いや、色々とやるべきことがあるだろ

そこのモンスターとか」 動けないセンチドレッドノートを指差す

 するとスノウは、少しだけ迷ったあと、ゆっくりと近づいてその拳を振り下ろした

「……えい」 べちゃりとセンチドレッドノートの頭部が潰れた

あなたも好きかも:和歌山 オリーブ パチンコ
「あっ」「はい、終わり

お仕事終わり

あなたも好きかも:マルホン工業 パチンコ店
だから、まずはコルクに戻ろうよ

あなたも好きかも:福島 市 パチンコ 三ツ星
そこならゆっくり話せるから」 モンスターの返り血を頬につけたスノウは笑う

 その迷いのない行動に、僕を除く全員が息を呑んだ

 成長したけれど、ちゃんと相変わらずなところもあるみたいだ

 しかし、なんで僕の仲間たちって、こんなに人の背筋を凍らせるのが上手いのだろう

 ただ、もう自分はこういうのに慣れてきたので、この程度では動揺しなくなったが……

 そんな冷静な僕の手を引いて、スノウは兵たちをかき分けてコルクに向かっていく

その途中、上司らしくクロエさんたちに指示を出す

「あ、今日から私の部屋に無断で入ってこないように

これは総司令の命令です

破ったら極刑