プリシュティナ カジノ

プリシュティナ カジノ

完全実力主義でありながら、役職の違いで給料が違うわけでもない――むしろ、給料など開発費用に注ぎ込んでいる連中が集まったのが、芹沢企業という大きな仕組みだ

 ――つまり、馬鹿と変態の紙一重みたいな連中ばっかなわけだ

 第三開発室の扉を開くと、噎せ返るような油の匂いに包まれた

 かなりの広さがある室内で六人程度の男女が作業をしている

公人が見た感じでは車の基礎、あるいは内部を組み立てているように思えた

あなたも好きかも:コードギアスr2 スロット ガウェイン
 どこにいるのだろうかと視線を投げれば、車の下から出てきた小柄な少女が睨むような目つきでこちらを見た

作業着はオイルで汚れ、髪は短く化粧など当然していない

軍手を口で外す少女の腰には工具が入った袋のようなものがあり、今しがたスパナが収納された所だった

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン パチンコ シリーズ
 同年代――そう、公人と二村双海との繋がりはその程度のものだ

「よお」 片手を上げると視線を逸らされた――が、しかし

「おいお前ら、ちょい休憩入れろ」 大きくはないが少し高く幼い声で放たれた音は響き、それぞれが「おーう」「あいよ」「これが終わったらねー」「あんたも休めよ」などと口口に返答した

 やれやれと頭を掻いた双海はこちらに近づき「おう」と短く云って作業テーブルの上に腰を下ろし、稼動しているノート型端末のディスプレイを覗き込んだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 遠距離恋愛
「忙しかったか?」「いやべつに

いつものことだ――ん、ちょい待てよ」「こっちも急ぎじゃない……が、相変わらずだな

今は何をやってるんだ」 本当に相変わらず言葉遣いが適当で、趣味と仕事を一緒にこなしている

ただ好きなことをやっているせいか、肌の艶は保たれているが