化 物語 スロット チャンス 目

化 物語 スロット チャンス 目

小百合の戦い方にはそういう意味もあったのだなと、康太はすこしだけ学習したが、それを真似しようとは思えなかった

「というわけだったよ・・・なんかあったときはよろしくってさ」「なんだかだいぶ厄介な提案をされたもんね・・・アリス、何とかならなかったの?」康太は翌日、本部に行ってきたときのことを小百合の店で文に話していた

本部が康太に対して高い評価を下しているというのは良いことなのだろうが、同時に非常に面倒な立場にあることを考えると手放しに喜ぶことはできなかった

「なんともならんな

昔からそうだ、権力を得た人間というのは基本的に自分の考えを覆そうとはしない

あなたも好きかも:オンラインゲーム u
仮に圧倒的上位者がそこにいたところで自分より下位の人間を言いくるめてどうにかしてしまうのだ」「となると、今回の件に関わる何かがあった時点で康太は引っ張られるわけか・・・っていうかあんたこの話私にしてもよかったわけ?なんかいろいろと聞いちゃいけないようなことも入ってたように思うんだけど」マウ・フォウへの依頼、そして協会内にいるであろう裏切者に関しても康太は文に話していた

わざわざ本部が康太を本部に呼び出してまで隠したかった情報を康太は文に対してはあっさりと話してしまう

良くも悪くも康太が文のことを信頼しているということなのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 偽物語 期待値
同時に康太は特に何も考えずに文になら話してもいいという風に考えている節さえあるのだが

「文が信じられなくなったらもう何も信じることはできないな

あなたも好きかも:グランド パチンコ 鎌ヶ谷
お前が協会の裏切り者だったら俺も一緒に裏切るかもしれない」「うわぁ・・・信頼してくれるのはうれしいけどそこまでなの?」「ぶっちゃけ俺はそこまで協会に思い入れはないからな

アリスには悪いけど別に敵対したところで困らない」康太はもとより協会に何かを依存しているかと聞かれるとそういうわけでもない

移動手段として便利だな程度にしか思っていないくらいだ