ルパン三世 パチンコ 甘デジ

ルパン三世 パチンコ 甘デジ

休戦協定を結んだ以上、ベレルからの攻撃も考慮する必要がなくなったのだ

その戦力を別方面に注力することができるという点では、ジベルにとっても悪い話ではなかったのかもしれない

 もっとも、あのまま戦い続けていれば、ルーンベレルさえも落とせていたかもしれず、ガンディアの横槍さえなければ、と悔しがっていても不思議ではなかった

あなたも好きかも:fgo カジノ
「ミョルンを無償で返せ、というのはやりすぎだったかもしれませんね」 すっかり参謀役が板についてきたオーギュストの口ぶりに、ナーレスは苦笑を禁じ得なかった

オーギュストといえばサンシアン家の当主であり、家格でいえばガンディア王家を凌駕するはずだった

そんな人物が、ナーレスの下についている

あなたも好きかも:パチンコ 狸小路
そのことが、彼にはおかしくてたまらなかった

 軍事に疎い彼を軍師付きの参謀に任命したのはレオンガンドである

レオンガンドにはレオンガンドなりの思惑があるのだろうが、ナーレスにはいまいち理解できない人事だった

ナーレスは、オーギュストのような小賢しい人物が好きではない

あなたも好きかも:調布 パチスロ
しかし、王命である以上、彼に拒否権などあるはずもなく、渋々ながらも使い倒すしかなかったのだ

 ところが、バハンダールでオーギュストと合流し、彼の人となりを見ているうちに、ナーレスは彼を気に入ってしまっていた

主君でさえ歯に衣着せぬ物言いで批評する彼の有り様は、凡百の貴族とはまったく違うものだったのだ

普通、貴族というものは、主君に対して阿るものだ

内心はどう思っていても、主君の耳に入った場合のことを考えて発言する

しかし、彼は、ナーレスの前でさえ、レオンガンドを扱き下ろすことに躊躇がなかった

もちろん、ただ否定するわけではない

肯定できる部分は肯定し、あるいは褒めそやすこともある

 その否定部分、肯定部分は、ナーレスの思うところと一致する部分が多く、つまりは波長が合ったのだろう