パチスロ 韓国

パチスロ 韓国

 並ぶ店のショーウィンドウは、どこもかしこもバレンタインデーを強調している

一軒一軒を回って品定めをする彼女たちの様子に、見ているこちらも楽しくなってきた

「なんだかいいねーっ

クリスマスみたいですごく楽しそうっ」 マフラーの位置を整えながら優樹は笑みを溢した

あなたも好きかも:北斗の拳 転生 狙い目 パチンコ
「お父さんに買っていこうかなあ

あなたも好きかも:まあじゃん オンライン
あ、でも、自分でも食べたいし……

んー……、一粒ずつ食べてみたい……」 キョロキョロしながら欲求を露わにする優樹の隣り、鈴菜は少し笑っていたが、俯いて、ソロ……と窺った

「……あの、……先輩?」「ん? なあに? ……あ、そういえば何を買うの? お洋服?」 首を傾げる優樹に、鈴菜はためらいながらも歩き保って口を開いた

あなたも好きかも:バズーカ パチンコ
「……その……、ちょっと、聞きたいことがあって……」「ん?」「……あの」 鈴菜は目を泳がし、恥ずかしそうに顔を赤くすると、意を決して横目で優樹に聞いた

「……大介先輩って、どんなチョコが好きだと思いますか?」 優樹はキョトンとした

今まさに、脳味噌をフル回転させて、言葉の意味を考えているのだろう

パチパチと瞬きをする、その間に耐えられず、鈴菜はカーッと真っ赤になり、顔を逸らした

モジモジとして、そのあとの言葉がない鈴菜に、優樹は「……へー」と、少し頬を赤らめて笑顔で目を見開いた