単独 スロット

単独 スロット

「それならばこちらが有利ですな」「ああ

侵略者共に、極上のウォッカ(大量の砲弾)をご馳走して(ぶち込んで)やろう」「ええ

…………全艦、最大戦速! 砲撃戦用意!」「了解!」 春季攻勢(カイザーシュラハト)の時の事を思い出しながら、ブルシーロフ提督は敵戦艦の単縦陣の位置を確認する

やはり敵の戦艦たちは無数のミサイルと航空機による攻撃で損害を受けた赤軍艦隊を強引に突破し、河へと突入してタンプル搭を砲撃するつもりらしい

あなたも好きかも:バイオハザード7 スロット
 56隻のモンタナ級の後方には、敵の機動艦隊の反応もある

襲撃艦隊のおかげで後方の小規模な輪形陣は崩壊しているが、中央部には極めて大規模な輪形陣が鎮座しており、中央部には大量の空母の反応が表示されている

あなたも好きかも:パチンコ 威力
 襲撃艦隊は、まだその輪形陣の後方だ

襲撃艦隊の後方から転移してきた敵艦隊の飽和攻撃を迎撃しつつ、強引に機動艦隊を突破して主力打撃艦隊と合流するつもりらしい

あなたも好きかも:長門市 パチンコ
「攻撃隊、敵艦隊に攻撃を開始します」 先ほど出撃させたF-35Bたちが、ついにモンタナ級戦艦の群れに攻撃を開始した

 アンドレ・ド・モンバール、ベルトラン・ド・ブランシュフォール、フィリップ・ド・ミリーには10機ずつF-35Bが搭載されている

さすがに30機のF-35Bで56隻のモンタナ級戦艦――――――間違いなく近代化改修を施されているだろう――――――を撃滅するのは不可能だが、損害を与えることはできるだろう

 ちなみに、タンプル搭ではジャック・ド・モレー級戦艦の『9番艦』も準備されている最中であった

カルガニスタン侵攻が始まる前に原子炉を搭載し、主力打撃艦隊に編入する予定であったが、災禍の紅月の影響で殲虎公司(ジェンフーコンスー)から購入する予定だった原子炉がタンプル搭へと届いていないため、この戦闘には投入されていない

 もし仮に投入されていれば、合計で40機のF-35Bが敵のモンタナ級に襲い掛かっていた事だろう

 やがて、対艦ミサイルを使い果たしたF-35Bたちが踵を返し、モンタナ級の群れへと向かって進撃する母艦へと戻っていく

敵艦の反応は残念なことに1つも減っていないが、敵艦隊に損害を与えることはできた筈である