メディアエージェンシー パチンコ

メディアエージェンシー パチンコ

 なのに、そんな思考は働かなかった

 自分の右手がサヤの頬を撫で、首筋を撫で、それに反応が返る度に余計煽られて、もう頭は沸騰してしまっていた

 補整着に阻まれて、豊かな膨らみに触れられないことを少し残念に思い、けれどこの愛しい存在が腕の中にあるだけで、俺は満足できると思う

あなたも好きかも:リゼロ 右打ち パチンコ
この人が俺のものになるなら……

 ガタン! と、大きな音を立て、椅子が倒れた瞬間に、冷水を浴びた心地で我に返ると、サヤがどこか怯えを滲ませた瞳に熱を浮かせて、掠れた呼吸を繰り返していて……

あなたも好きかも:スロット 魂の共鳴
 サヤに覆いかぶさるようにして、彼女を机に押し付けている自分に愕然とした

 反応してしまっている俺自身の身体にも

 だけどサヤの瞳の色が、滲み零れそうになっている水滴が、まだどこか熱に翻弄されている俺の思考を、かろうじて繫ぎ止めてくれた

「…………っ、ごめんっ

悪ふざけが、過ぎた」 気力を総動員してサヤから両手をもぎ離し、部屋の隅に退避して……

「部屋に、帰って良い

あなたも好きかも:バカラ 王様
少し、休んで……」 なんとかそう言って、俺自身も自分にあてがわれた寝室へと逃げ込んだ

 やばい、なんてもんじゃ、ない……

 理性が飛ぶって、ああいう……? 全然歯止めが……っ、今だって、全く、衝動がおさまらない⁉︎ 今すぐにでもサヤを追いかけて、組み敷いてしまいたい

もう一度口づけを、彼女の甘い声を聞きたい! だけど……それがどれほど甘美な誘惑でも、駄目だ

今はまだ、その時じゃない