横浜 カジノ 2018

横浜 カジノ 2018

「あ……………ぁ……………………ジナイー……………ダ…………………?」「………………」「う、嘘………………なんで…………? ねえ、何で目を瞑ってるの…………………? ははははっ…………冗談…………でしょ? ねえ、ジナイーダ………………」 部屋の中へと入った彼女は、椅子の上で目を瞑っている少女の亡骸に近付くと、肩に触れながら彼女の身体を揺すり始めた

眠っている仲間を起こそうとするかのように、優しく揺する彼女

まるで授業中に居眠りしているような恰好の少女だけれど、彼女はもう目を覚ますことはない

 身体を傷つけられる痛み

あなたも好きかも:ぱちんこ 必殺仕事人 総出陣 ボーダー
心を汚される苦痛

騎士たちの残酷な尋問に、彼女は耐え切る事ができなかった

 もう、目は覚まさない

あなたも好きかも:東久留米 パチンコ屋
どれだけ身体を揺すっても、傷だらけの冷たいからだが揺れるだけ―――――――

「あ……………あああああ…………………!」「すまない、もっと早く突入していれば……………」 傷だらけになっていたとしても、一命をとりとめていた可能性はある

あなたも好きかも:ディスクアップ ルーレット 対応役
あの時俺は慎重さを最優先し、彼女を見殺しにしてしまったようなものなのだ

 唇を噛み締めながら見つめていると、こっちを振り返った彼女が手を伸ばし、俺の胸倉を掴んだ

やはり傷だらけの少女とは思えないほどの怪力で、それなりに踏ん張ったにもかかわらず、俺はそのまま後ろにあった壁に押し付けられてしまう

「お兄ちゃん!」「やめろ、ノエル」 少女にウェルロッドを向けるノエルを止めつつ、俺は少女の瞳をじっと見つめた