梅田 パチスロ

梅田 パチスロ

「優さんは何か知ってる?……優さん」「え

ああ」「どうしたの」 怪訝そうに見つめてくる真由さん

 私は笑顔を浮かべ、室内を見回した

あなたも好きかも:パチスロ あの花 中段チェリー
 広く、大企業の重役室のような調度品

 彼女の座っているのは革張りの大きな椅子で、私なら3人くらい座れそうなくらい

「前の部屋より広いなと思って」「ああ、あそこは資料室よ」「え」「三島さんが自分で机や棚を運び込んで、代表代行の部屋にしたの

あなたも好きかも:ルーミア テーブルゲーム
義理堅い人よね」 楽しそうな

 ただ、どこか翳りのある笑顔

あなたも好きかも:9がつく日 スロット 福岡
「左古さんの落書きとか無いのかな」「あの人は、そんなセンスのない事はやらないのよ

自警局長室は知らないけど」「兄貴は、やりそうだな」 彼のお兄さんは、屋神さんの前の自警局長らしい

 確か、そういう名前だった記憶もある

「とにかく、問題は無し

ボクシング部についてはこちらで処理するから、もう帰っていいわよ」「あ、はい」「今度は、道場で会いましょ」 代表執務室を出た所で、鼻先に書類を突き付けられた

「何よ」「始末書」「どうして私が」「ガーディアンは、運動部とは揉めないのが慣習でしょ