アンパンマンスロット

アンパンマンスロット

王太子グロリオーサ・サンフラワー殿下?』狙われた自分の脇を庇う短剣と、グロリオーサの太刀が交わる間際、初めて名前を呼んだ

あなたも好きかも:パチンコ アプリ pc
『ああ、俺の本当の剣を受けてきた――"受けてくれようした人"は皆死んじまった』間際の間際に直ぐに返ってくる返事と共に、精悍に輝いていた瞳からスッと、一切の光は何かに覆い隠されるように消える

輝きが抜けた瞳は、太刀と同じ様な鋭さと、光が抜け落ちてしまった"闇"だけが残り、ピーンに向けられている

――"殺す"つもりなどなかったのに、何度も相手を斬り伏せてきてしまった

――"再び剣を交えてみたかった"そんな手練れの剣客を何度も、"1度だけ"にしてしまった

("殺(あや)めるつもりはなかったのに、命を奪ってしまった"ということか)グロリオーサの黒い瞳から輝きが抜け落ちてしまう事で、賢者とされる人物は鬼神が、心に抱える落胆の意味を見抜いてしまう

あなたも好きかも:スロット 亜人 フラッド現象
《この人の命も"殺めて"、また語らいの出来るかもしれない人物を喪ってしまう》かつて、弟のように可愛がる執事が秘書の扱いで、2人旅をしていた頃、魔術を学び才能を"匣"に隠してしまう前、今のグロリオーサと同じように輝きが欠けた瞳をした事がある

ピーンが諸事情で不在時に、しっかりはしているが、まだまだ幼く見えもする少年だったロックは賊に襲われた

その際に已むを得ずの形で闇の魔術を使い、賊は呆気ない程に簡単に落命する

あなたも好きかも:スロット 今津
自分の持つ"力"が、簡単に命を奪ってしまったという事実を目の当たりにした、ロックの瞳から輝きが抜け落ちる

"まさか、此くらいで亡くなってしまうなんて思わなくて""命を奪ってしまった"後に、秘書の少年は震えながら、暗い瞳で主になるピーンにそう告げた

ロックが闇の精霊の天才なら、グロリオーサはこの太刀という武器を扱う"天才"なのだろう

(―――やんちゃそうな"王子"様だっただろうから、チャンバラなんかした際には)ピーンの構える短剣の刃に、グロリオーサの太刀の鋒が触れる"感触"が判る