スロット ショールーム

スロット ショールーム

あなたも好きかも:クィーンズブレイド2 パチンコ 信頼度
 俺も人のことは言えないのだけど、逃亡生活の後、環境が激変し、更に俺の看病やらだ

幸せにするって約束したのに、苦労ばかりさせているものな……

「ごめんな……」 そう呟くと、サヤは振り返って……そのままぼろぼろと涙を溢しながら、俺に走り寄ってきた

「うぉ⁉︎」 ドン! と、体当たりする勢いで抱きつかれ、寝床に倒れ込む

 毛皮を何重にも重ねた寝床は痛みも無く、優しく俺とサヤを受け止めてくれたけれど、サヤの腕は苦しいほどに俺を締め付け……

「謝るんはっ、私っ!」 胸の上で叫ぶように、彼女は言った

「私がちゃんと伝えとったら……レイ、こんな怪我……右手……こんな風になんて……っ!」「さ、サヤ……?」「ウォルテールさんに、侍祭さんが獣化するよう命じてたん、聞こえてた! せやけどそれを、私……レイに伝えへんかった……言伝ることかてできたのに、言わへんかったから……ごめんなさい、ごめんなさい!」 ……意識が戻ってから今日まで、サヤが俺に寄り付かなかった理由はこれか……

 今回のことの責任が、自分にあるように感じていたんだろう……

 だけどサヤのせいだなんて風には、思わない

 サヤが自分の都合でそうしたんじゃないって、分かってるから

あなたも好きかも:パチスロ シマ
「……気にしなくて良い

俺やウォルテールのために、言わないで……自分でなんとかしようって考えたんだろ?」 サヤはそんな娘だもの

あなたも好きかも:パチスロ モンスターハンター 初代
「俺もサヤを妨害したしね

行かせたくなかったんだ、ごめん……

 サヤを誘き寄せるための罠だと思ったし……ウォルテールが傷付けられるところだって、見せたくなかった……」 ……きっとサヤも同じように考えたのだろう

 彼女は優しいから……侍祭殿の命令を、ただ言葉のままには、受け取れなかったのだろうとも思う

 気のせいではないか……聞き間違いじゃないか……そんな風に考えたのだろう

だから俺に言えなかった