Tomb of Mirrors

Tomb of Mirrors

 安堵感、焦り、恐怖、不安

 多少の敵意も感じるが、一睨みでそれは消える

「ガーディアンの本隊が来るから、全員大人しくしてなさい

あなたも好きかも:パチンコ ハンズ 甚目寺
これ以上暴れるなら、こっちのお兄さんが黙ってないわよ」「おい」「……来たわね」 野次馬を掻き分けつつ、ようやくやってくるガーディアン達

 彼等は手際よく揉めていた男の子達を捌き、こちらへ視線を向けてきた

あなたも好きかも:田舎 スロット
 見慣れない人間がいるので、不審に思ったのかも知れない

あなたも好きかも:pvp オンラインゲーム
「丹下さんと、七尾さんですか」「知らない」 非常に嫌な予感がするので、背を向けて別な出口を探す

「そうよ

丹下沙紀さんと七尾未央さんよ」 胸を張るチィちゃん

 悪気はない

 でも、嬉しくもない

「あ、あなたは、渡瀬さん」「こんにちは」 少なくとも、彼女とは知り合いらしい

 最近までここにいたので、不思議はない

 私には、関係ないが

「お、お話は以前から伺ってます」「どんな」  素っ気なく、しかし興味津々に尋ねる神代さん

 話し掛けてきたガーディアンの隊長らしい女の子は、手を胸元で揉み絞り瞳を輝かせた

「弱体化していたガーディアン組織を、今のレベルまでに引き上げた先輩達がいると」「すごいわね、七尾君」 逃げ出そうとしていた彼の襟首を掴み、足を払って床に転がす