最近 の パチスロ 台

最近 の パチスロ 台

「いいわ、私はそれで飲みましょ」 生美はそう答えて横目で優樹を窺う

「どうする? イヤならイヤだって言いなさい

遊ぶのはよくても、私たちがずっと一緒じゃなくちゃイヤなら、今、ここではっきり、二人っきりになりたくないって言ってあげな」「まるで公開処刑だ」と、真顔で勧める生美に達也は苦笑した

あなたも好きかも:パチンコ 玉出
 優樹は少し考えていたが、「……ちょっと待っててください」と、二人から離れて上着のポケットからピンク色のスマートフォンを取り出し、電話を掛けた

あなたも好きかも:吉宗 スロット 最新
 まだ向こうは夜中だ

 「……寝てるかな」と心配しながらしばらくコール音を聞いていたが、《……Yes?》と、少し低めの声に目を見開き顔を上げた

「あ、ごめんね

……寝てたよね?」《……寝てた

あなたも好きかも:パチンコ アイコス 吸える
……、うん》「ご、ごめんなさい」 寝ぼけた声にペコペコと申し訳なく頭を下げ、視線を落として続ける

「ちょっと、聞きたいことがあって……」《……うん

……なに?》「あのね、今度、岸本先輩と遊ぼうって言ってるの

先輩と、私と、生美ちゃんと、洋ちゃんで

いい?」《……他のみんなは?》「ううん、四人だけ」《……まるで……ダブルデートだ……》 ――その通りだが、そこは頷けない

 優樹は「はは……」とぎこちなく笑って、気持ちを隠すように爪先で床を撫でた