パチンコ 人生 負け 額

パチンコ 人生 負け 額

あなたも好きかも:穢れ まどマギ2 スロット
これはゲームだったんだから」 真琴はそう言って、彼らに挨拶もなく、二人が歩いて行った方へ向かう

そんな彼女の背中を見送り、みんなは顔を見合わせた

「……しっくりこないな」「ですね……」「腑に落ちない、と言うか……」「……結局、私たちって遊ばれていただけってコト?」「なんか、悔しい……」 口々に愚痴をこぼす、そんなみんなの中、優樹は遠くなる真琴の背中をじっと見つめた

 ……あの二人の様子を見ていると、河田さんのことを知っているようだったし、怖がっているようにも見えた

……河田さんって、一体、なんなんだろう

 未だに彼女の詳しいことはわかっていない

あなたも好きかも:スロット が ルパン
訊いたところで、何も話してはくれないだろうし、攻撃されそうだが

「ったくよぉー

こんなコトになるなんて、散々だよなー」 相川がムスッと頬を膨らませてズボンのポケットに手を突っ込んだ

「一番楽しみにしてた迷路がコレだなんてさ

くそー」「まあ、こんなモノよ」 と、宥めるように生美は肩を竦めた

あなたも好きかも:パチンコ サミットわさだ
「大怪我して救急車が来なかっただけでも、良しとするわ」「でも、双葉先輩が無事で何よりです」 鈴菜が双葉を振り返り苦笑するが、彼女はまだ状況を理解していないようで、キョトンとした顔で首を傾げている

「なに? いったいなんなの? なにかあったの? よくわかんなぁーい」「……わからない方がよろしいでしょうね」 弥生がいつもの無表情で呟くと、「だな」と、隣で立花も強く頷く

 双葉は顔をしかめていたが、パッと笑みを零すと、洋一に近寄るなり腕に抱きついた

「ねぇねぇ洋一君っ、一緒にお昼食べよーよっ!」 笑顔で誘われて、洋一は「うっ……」と頬を引き攣らせ、生美の気配を窺った

――どうやら彼女は無視

 ……や、やばい! やっと明後日、生美がウチに来るって時に、これは……ヤバいだろ!! 「やっぱり行かない」なんて断られたら、たまったもんじゃない

 洋一は「ハハハ……」とぎこちなく笑って、せっせと腕に巻き付く双葉の手を払い下ろした

「ほ、ほら、オレ、こいつらと一緒に食べるから」「えぇーっ!? たまには二人でいいじゃなぁーい! ねぇ!?」 と、口を尖らせみんなに相槌を問うと、「いいんじゃねぇのか?」と立花がサラリと答え、「……ご自由にどうぞ」と弥生もそれに続き、「ドクダミなんていらねーし」と相川は興味なさげにそっぽ向く