パチスロ 打つ

パチスロ 打つ

ある程度距離を取って一斉攻撃されないようにしたいですね

というかこの二人は俺らほど戦闘経験が豊富ではないので、最前線ではあんまり戦わせたくないんですよ」「俺は大丈夫だと思うけどな・・・こいつらに攻撃当てるのって結構難しいだろ?」「まぁな、俺も頑張らないと当てられないけど、選択肢が少ない屋内なら方法はいくらでもあるだろ?そういうところで追い詰められそうだなって思ってさ」「ふぅん・・・そういうもんかね」「まぁもし本当に逃げ場がなくなったら俺が建物ごと壊すから何とかなるだろ

あなたも好きかも:ヴァルブレイブ パチンコ 設定付き 潜伏
その時はフォローお願いしますね」「え?あの・・・え?」建物を壊すという単語が当たり前のように出てこられても、何をどうフォローすればいいのか、どのように何をすればいいのか全く理解できないサニーは目を丸くしてしまっていた

この反応は至極正しいものだ

建物を壊すという言葉が当たり前に出てきている時点でだいぶおかしいのだが、そのあたりはデブリス・クラリスの弟子なのだなと認識することで何とか理解できていた

「ちょっとちょっと、僕の目の前であんまり大量破壊とかの計画はしないでほしいんだけどなぁ

これでも後始末とか結構大変なんだよ?」「そのあたりはお願いします

命あっての物種ですから

あなたも好きかも:ゴルゴ13 パチンコ フラッシュ
必要とあらばガンガン壊していきますよ」「・・・悪い意味で似てきたよね君・・・もう何を言っても聞かないんだろうけどさぁ・・・お願いだから一般人にばれるようなことはしないでね?」「そのために外で待機する要員がいるんじゃないですか

あなたも好きかも:パチンコ オスイチ 確率
隠匿と索敵はそっちに任せたからな」「はい先輩

任せてください」「ばれないように何とかしてみますよ」「・・・えぇ・・・マジかぁ・・・」いきなりハードルの高い要求をされているように感じてしまうのは、単純に彼らの経験が少ないからだろうか

それとも普通に康太たちが高いレベルの要求をしているからだろうか

大学生の彼らにそのような技量を求めることそのものが間違っていると康太は気づいていないのだ

だが自分よりも年上で、しかも支部長からの推薦を受けているのだからその程度はできるだろうと勝手に考えてしまっているのである

先入観とは恐ろしいものだ

「まぁとにかくあとは連中が動いて釣り針にかかってくれればそれでいいです

支部長、今のところの状況はどんな感じですか?」「うん、まぁ滞りなく進めているよ

問題があるといえばあるけれど、そのあたりは何とかするさ