まどマギ スロット アルティメット 条件

まどマギ スロット アルティメット 条件

だが康太は魔術に関してはほぼ素人だ

基礎的な知識も、魔術師としての気構えや前提的な考えなど欠落しているものが多すぎる

あなたも好きかも:三洋 スロット 鍵交換
学業などで例えれば数字と計算式は教えても文字そのものを教えないようなものだ

それを扱うことができるようにしても結局のところ根本や基礎的なことを理解できなければ意味がない

「・・・真理さんってずっとこんな指導を受けて来たんですか?」「私の場合、初めての弟子ってこともあって比較的教えてくれましたけど・・・康太君の場合勝手がわかってきたからだいぶ雑ですね・・・師匠ひょっとして破壊の事しか教えないつもりですか?」「何を今さら

私に教えられることなど破壊くらいしかない

あなたも好きかも:テキサス 萩 スロット
お前の時もそうだっただろうが」小百合は破壊を得意とした魔術師だ

ありとあらゆる破壊という項目の魔術を専門としその悪名は協会の中でもかなり広く聞こえてくる

実際破壊というのは突き詰めればそれ相応の応用力を持つだろうが、やはりそれらには限界があるものだ

何時だって壊すことの方が簡単で、作る方が難しい

小百合はその中で破壊だけを突き詰めた、いわば難しいことばかりを避けて修得してきた魔術師だ

そしてその結果、小百合の元の性格も相まって現在の立場を確立しつつある

康太をそんな風にさせるのは少々まずい気がすると真理と文は複雑そうな顔をしながら互いの視線を交わしていた

「文さん、今後とも康太君をよろしくお願いします

あの子を師匠みたいにさせるわけにはいきません」「・・・まぁそれは同意しますけど・・・その・・・良いんですか?」自分の師匠の目の前であるというのに師匠を貶すようなことを言ってもいいのだろうかと文は不安になるが、真理はそんなことは全く気にしていないようだった

師匠であるにもかかわらずまったく尊敬されていないのだなと、若干文は小百合が不憫になってしまっていた

今まで耳に届いていた小百合の傍若無人っぷりからは想像できない師弟関係である

「まったく・・・もう少し師匠に敬意を払おうとは思わないのか?」「最低限は払ってますよ

ただ康太君のことに関してはこちらもしっかり主張を通させてもらいます