アインズウールゴウン スロット やめどき

アインズウールゴウン スロット やめどき

自分の中だけでモヤモヤして、うわべだけヘラヘラ笑ってるよか、八つ当たりされる方がよっぽどマシ

 けどな、マシってだけだからな

モヤモヤすんなら、一人で考えてないで相談しろっつーの」 相変わらず兄のような顔で、ギルはそう言う

 ああもう、ほんと敵わない……

「うん……ありがとう」

あなたも好きかも:パチンコ 確変突入率
広場に近付くにつれ、喧騒が大きくなる

あなたも好きかも:スロット アカギ 動画
 親子連れや、夫婦なのか、恋人同士なのか……連れ立って歩く姿が増えてきて、篝火が焚かれた広場を目指して進む

 まだ十代前半のように見える少年が数人、横をすり抜けていって、先の雑踏に消えていく

 学舎にいた頃、王都の夜祭に、あんな風にして駆けていったことを思い出す

俺と、ギルと、ハイン

そして、学舎の友人たちと……

あなたも好きかも:リゼロ スロット 最大ハマり
 あそこを去ってから、皆の名を思い出さないよう、極力考えないできた

 俺と関わるのは良くないことのように思えたから

いつか罰が、友にも手を伸ばすと思ったから

……いや、あれは多分言い訳で、自分の意思で手放したと思うために、俺は彼らを捨てたのだ

 ハインとギルは傍にいてくれた……だからそれで充分だと……他は要らないと言い聞かせて

 なくしてしまった友を、失くなったことにしたのはどうやら自分だったと、今になってようやっと気付いた