パチスロ 店選び

パチスロ 店選び

……ずっと一緒におっといて、おらんなる時の反動よりも、ひょっとしたら……離れて過ごしたあとにおらんなってしもうた時のンの方がムチャきついかも知れンぞ

……伝えたいコト伝えられんと離れてまう、……翔太先輩ンと同じちゃうか?」 みんなが顔を見合わせる中、反町は、もの寂しげに視線を落とす一平から目を逸らして足下をじっと見つめた

 ――なんとなく重い空気が広がり、それを掻き消そうと、一平は深く息を吐くと肩を竦めて背を向けた

あなたも好きかも:馬橋 パチンコ 清掃
「……ま、つべこべ言うことちゃうんやろうけどな」 そう言ってのんびりとした足で部室の方へと戻っていく

その背中を見送って、洋一は怪訝に大介へと目を向けた

「……あいつ、どういう別れ方したんだ?」「どうて……普通やで?」「普通って?」「ほなな、って」「ホナナ?」「ほなさいなら、っちゅー意味や」 さっぱりと答える大介に、洋一はキョトンとした顔でパチパチと瞬きを繰り返した

「え? それって……大阪離れる時?」「せや」「……それだけ?」「それだけやったで?」 だからなんやねん、と逆に問い質すような返事に洋一は少し顔をしかめる

何かわだかまりが残っているような、そんな彼の気配に気付いて大介は苦笑した

「ンそらぁ、オレが見たンはそれだけやけど、その前にミナちゃん……、ミナコ言うンやけどな、オレの知らんトコではちゃんとさよならしとるやろうとは思うねん」「……してなさそうな雰囲気だったわよ?」 生美が眉間にしわを寄せて口を挟むと、大介は「……うーん」と腕を組んで悩む

「まぁ……確かに、こっち出るぅ決まってからは、あいつもあんましミナちゃんとは一緒におれへんかってんけどなぁ……」「……なんで?」「そら……、離れるン辛かったンやろ」 問い掛けた白川は、軽く俯いて少し視線を斜め下に置く

あなたも好きかも:邦彦 パチンコ
「あいつは器用そうで不器用やからなぁ

せやから、何かしでかすと突拍子もないコトになってまうねん

せやけど、あいつにしてみたら全然突拍子ぃことないねん

不器用やからそないなってまうだけやねん

こっちに出てこなあかんっちゅー時も、そんな感じやってん