パチスロ ハルヒ 終了画面

パチスロ ハルヒ 終了画面

優樹先輩、寒くないッスか?」「ん、ちょっと寒いね」「……な、なんなら……」 相川は頬を赤くし、真っ直ぐに目を向けている優樹をチラチラと横目で窺った

「ポ、ポケットに手を入れても」「あったかそーっ!!」 聞き耳を立てていた華音が背後から腕を伸ばして相川のコートのポケットに手を入れ、ポケットの中の相川の手をギュッと握って来た

「うーっ

ヌクヌクーっ!」 相川は思いも寄らぬ珍客に驚き、ヒクッ……と頬を引き攣らせて振り返った

「な、何すんだよっ!!」「寒いーっ

あなたも好きかも:ドル円 5ch
かのん、寒いの苦手ーっ!」「知るか!! あっち行け!!」 ポケットから手を出そうとしながらも腕で押しやる相川と、意地でもポケットから手を抜こうとせず逆に背中に寄り添う華音が追いかけっこのように暴れる

あなたも好きかも:川崎 スロット 楽園
無邪気な二人に感化されることなく生美と勝則は不愉快げに目を据わらせて少し距離を空けた

 優樹は「楽しそうだなー」と笑顔で二人を目で追っていたが、ふと、視界の隅に数人の人影が見え、「ん?」と何気にそちらを振り返った

――だが、それは同時に校舎の影に引っ込んだ

あなたも好きかも:ポプテピピック パチンコ
 気配から、中等部の生徒でも、女子生徒でもはなさそうだったが……

「どうかした?」 じっと一点を見つめる優樹の気配に気が付いたのだろう、首を傾げて問い掛ける生美に、優樹は「ン?」と振り返り、しばらく間を置いて「……ううん

なんでもない」と笑顔で首を振った

「……大島さん……」「はい?」 翌日の昼休み――

 部室で昼食を取ろうとお弁当袋を持って教室を出たところに、あの“占い師”、F組の武田弥生と遭遇した

 力無く名前を呼ばれた優樹は、振り返って彼女を見るなりぎこちなく笑った

「えーと……

武田さん……よね?」 弥生はコクン……と頷くと同時に、ゆっくりとお辞儀をして挨拶をした

それに対し、優樹も「あっ……、ど、どうも、どうも」と、慌ててお辞儀を返す

端から見たら滑稽な姿になっているだろう