パチンコ 貝塚 釧路

パチンコ 貝塚 釧路

 どうしても世界観や設定の説明をしたいのなら、第二話以降にしてください

 初回は「この作品はこんなジャンルのこんな作風です」と表明する場です

あなたも好きかも:水戸黄門 パチンコ 甘
 そのために、ジャンルごとに異なる「バトル」を書きます

 推理ものなら「死体を転がせ」で、知的「バトル」のスタートです

「剣と魔法のファンタジー」なら、ド派手な魔法が飛び交う「バトル」シーンを初回に据えましょう

いきなり勇者パーティーを解雇されたり、いきなり死んで異世界転生したりするのが流行りのパターンですが、そういった説明よりも「バトル」シーンで読み手を強く惹きつけるべきです

 解雇も異世界転生も第二話か、第一話の終わりに据えたほうがどんな物語かわかりやすくてよいと思います

十代特有の語り口 現在人気のあるライトノベルは、おおかた「主人公の一人称視点」で書かれています

 読み手である中高生が主人公に感情移入しやすくするためです

あなたも好きかも:パチンコ クイーンズブレイド 保留
 これは「文語体による一人称視点」と「口語体による一人称視点」のふたつに分かれます

あなたも好きかも:黄門ちゃま スロット 攻略
 そして大半のライトノベルは「文語体による一人称視点」を採用しているのです

 なぜ「口語体による一人称視点」が少ないのでしょうか

文語体による一人称視点―――――――― 頭から血を流して倒れている人がいる

私が近づいて声をかけてもぴくりとも動かない

手で顔に触れてみるとすでに冷たくなっていた

――――――――「文語体による一人称視点」の例文です

 文の主体が、主人公である「私」になっていますよね

だから「主人公の一人称視点」です

 しかし文章としては文語体で書かれているため、しっかりとした冷静な語り口になっています