パンドラ (パチンコ)

パンドラ (パチンコ)

これだと「あれ? この人物が犯人じゃないの?」と読み手は裏切られてしまうのです

あなたも好きかも:グランド オープン パチンコ 関西
 ここから「真犯人は別にいる」パターンと「途中で死んでしまった最初の容疑者が真犯人だった」パターンが生じます

「真犯人は別にいる」パターンが多いのも推理小説の特徴です

 しかし「途中で死んでしまった最初の容疑者が真犯人だった」パターンであっても、読み手は予定調和を外されたと感じます

最初からその人物が真犯人だと目星をつけていても、途中で死んでしまうと「予定調和ではないのか」となって「誰が真犯人なのか」わからなくなるのです

あなたも好きかも:立石 パチンコ屋
推理がいったんリセットされてしまいます

 単純な推理ものしか書けない方は、途中で犯人を死なせてしまうとよいでしょう

それだけで、複雑な推理ものに変わります

あなたも好きかも:パチンコ ハーデス 保留
途中で死んでしまうと「真犯人は別にいる」のではないかと読み手が疑ってしまうからです

捜査を進めていくと他にも怪しい人物が何人か出てきます

すると「この中の誰かが真犯人だ」と読み手は改めて予定調和を考えるのです

しかし動機はあれどアリバイが完璧だったりまったくアリバイが証明できなかったりします