パチンコ カード 忘れた

パチンコ カード 忘れた

淡々とリームの攻撃を受け続けている

「もらったぁ!」 リームは僅かに生じた隙を見定め、自身の乗る馬をヒューゴの馬にぶつける

さらに態勢が崩れた所に剣を打ち込む

あなたも好きかも:バカラ 犬 置物
ヒューゴはそれを受けるが…弾き飛ばす事はできない

二人は馬上で鍔迫り合いを演じる

あなたも好きかも:パチンコ カジノ比較
 「強いな」 突如、ヒューゴが呟いた

「何!?」 リームは眼前の大将軍《フィシュタル・ジェネラル》を睨みつける

ヒューゴの表情は変わらない

あなたも好きかも:モンハン ギルドカード スロット
「君は…強い

驚嘆に値する」「ハッ…随分と余裕だな!それとも今さら命乞いでも…する気かァ!」 リームはその両腕に渾身の力を込めた

憎悪と闘志を込めて

「だが…やはり、違う

君ではない」「ああ!?」 その時、リームは初めてヒューゴの表情の変化に気が付いた

大将軍《フィシュタル・ジェネラル》の瞳に浮かんだ僅かな感情の揺らぎ――それは、失望だった

「君と戦うためにこの状況を作り上げたのだが…見込み違いだったようだ」「なんだと…!?」 ヒューゴが力を込める

すると、いとも容易くリームの剣が弾かれた

「ヒューゴ、貴様手を抜いて…」 言い終える間もなく、リームの胸をヒューゴの長剣《ロングソード》が貫いていた

帝都は恐怖の坩堝と化していた