2 スロット 神奈川

2 スロット 神奈川

「せめて、生死だけでも確かめなければ……」 次の日の朝食の席で、ヘンリック様から昨夜のダームエル様に関するいざこざを謝罪されました

「私の弟のことで連絡がうまくいっていなかったようだ

失礼した」「いいえ、お気になさらず

わたくし、初めて貴族の方々が使う魔術を間近で見ました

とても美しく、不思議で、得をした気分です」 朝食後、全ての魔石が黒に戻ったブレスレットを付けていただき、ヘンリック様の館を辞去して家に戻ります

あなたも好きかも:スロット 5スロ おすすめ
「おじい様、調べたいことがあるのです

奥の資料室の鍵を貸してくださいませ」 わたくしは、急いで服を着替えると商業ギルドへと向かいました

あなたも好きかも:オンラインゲーム プラットフォーム
 ギルド長が許可した者しか入れない、契約魔術に関する書類を集めた部屋で、マインがベンノさんと交わした契約の書類を探すためです

誰でも閲覧できる資料室と違って、こちらに保管されている契約書類には契約者が死んでいたら、何がしかの変化があるはずなのです

あなたも好きかも:バンバン 中野島 スロット
 滅多に使われることがない契約魔術の資料なので、マインが交わした契約に関する書類を見つけることはそれほど難しいことではありませんでした

「……ローゼマイン?」 わたくしが手にした書類には、ベンノさんとルッツとローゼマインが契約したことになっています

 身食いとの契約ならば改名する必要がないのに、改名しているということは貴族に取り込まれたに違いありません

わたくしも話を持ち込まれたことがあるように、マインはおそらく貴族の養女となったのでしょう

 マインのあの商品知識について知り、価値を見出した貴族がいるのです

影響がこの街だけにとどまるとは思えません

 わたくしは書類を握って、ギルド長室へ急ぎ足で駆け込みました

「大事なお話がございます

これを見てくださいな」 ローゼマインへと改名されている契約魔術の書類を見たおじい様が大きく目を見開きました