港南台 パチンコ

港南台 パチンコ

「そりゃ、すげぇ大雑把だな」 バックスが呆れたようにボソリと呟く

「まあつってもこの人数じゃあそうするしかないだけっすけどね

この人数で王都全部の兵力に挑むなんて当然無理っすから頭を押さえて、すげ替える予定っす」 そう言ってイリアの視線がレームに向けられる

あなたも好きかも:鈴鹿 スロット
「お、おう

任せとけ」 ボゴンッとレームがアダマンゴーレムの腕でアダマンゴーレムの腹を叩く

あなたも好きかも:テーブルゲーム 総称
鈍い音がした

 後は風音の到着を待つだけ、魔王の降臨を待つだけである

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:杖『白炎』・ドラグホーントンファー×2・竜喰らいし鬼軍の鎧(真)・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪レベル:41体力:158+20魔力:386+520筋力:84+45俊敏力:85+39持久力:46+20知力:80器用さ:55スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[2]』『光輪:Lv2』『進化の手[2]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv4』『イージスシールド』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv2』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv3[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv2』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『魔王の威圧:Lv2』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『赤体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』弓花「風音がもうじき来るんだよね

あなたも好きかも:宇宙戦艦ヤマト スロット やめどき
私の槍を持って」直樹「ああ、姉貴が恐れおののくほどの出来だって言ってたぜ」神奈「へぇ、それは是非ともご拝見望みたいものだね」弓花「はーやく来ないかなーー」

ツドァリと言う名の落とし子が設置した罠の隠匿性は高く、全てを発見し対処することは例え罠の専門家がチームに含まれていようとも無理だと分かる

だけども発動した罠に対応できる者が大半を占めている突入メンバーからすれば、進むことはそう難しいことでもない

「『紫』さん、大丈夫?」「ええ、問題ないわよウルフェ?意識外からの奇襲ばかりだとしても、私に傷を付けるにはちょっと威力が足りないわよね?」 宝石へと変化している悪魔達には、それぞれの方向から迫る罠の脅威に対応するように命じてある

気づけば顔の横で毒矢が止まっていたり、壁から突き出された槍の残骸が目の前に転がってきたりするのはちょっと気分が悪くなるけども、特に問題はない

「主様、ここはやはり私が矢面に……」「貴方は自分の出番に備えてなさい?」 小声でいちいち囁いてくるデュヴレオリの過保護さには時折苛立ちも覚えたくなるが、溶け込んでいる自分の影を少しばかり強く踏むことで余計な感情を湧かせないようにする

 彼が言うには私達がこの場所を進んでいる姿は、あの時逃したリティアルと言う男に伝わっている