ザ・グレイテスト・ビデオゲーム・ミュージック2

ザ・グレイテスト・ビデオゲーム・ミュージック2

次は……野球部

マネージャーさんから」「また掃除ですか?」 隣に腰掛けて勝則が尋ねると、優樹は苦笑した

「部室のお掃除手伝ってください、だって」「ただでさえ雨で湿気ってますから……最悪でしょうね」「え? そ、そうなの?」「途中で気分が悪くなったらやめていいですからね」「……

あなたも好きかも:スロット 新基準 枚数
う、うん」 不安げに頷く優樹に苦笑して、勝則は「……ん?」と顔を上げてズボンのポケットから携帯電話を取り出し確認した

「相川からメールです」 見ます? と携帯電話の画面を向けられ、それを覗いてみると、【ヒマヒマヒマヒマ……】と延々続いている文字が液晶を支配していて優樹は顔をしかめた

 勝則は少し笑って、返事を打つべく指を動かす

「余程退屈してるんでしょうね」「……病人なんだから仕方ないのに」「優樹先輩も何か打ちます?」「うん」 勝則のあとに携帯電話を借りてそこに打つ

「えーと……

なんて打とうかな……

……相川君、元気? ……と

あなたも好きかも:パチンコ 育ち
今、勝則君と一緒に……お仕事してる……よ、と

早く元気になってね……優樹