中野市 パチンコ店

中野市 パチンコ店

「ふにゅ、これって…………!」「これが―――――――」 100年に一度しか訪れない、呪いの夜に姿を現す天空都市

 天秤を製造したヴィクター・フランケンシュタインとナタリアの祖先であるフリッツ・ブラスベルグの2人が、不完全な天秤を教会や冒険者たちから隠すために用意した場所

 そう、”天空都市ネイリンゲン”だ

「形状がはっきりと見えないので面積は不明ですが、おそらく面積はオルトバルカ王国首都ラガヴァンビウスの2倍かと」「…………この状態で侵入はできるのか?」「この後、航空隊が試しにミサイルを撃ち込んだのですが――――――――ミサイルは天空都市をすり抜け、反対側にある地面へと激突しました

どうやらまだ中には入れないようです」 つまり、災禍の紅月を待てってことか…………

 もし今すぐに入れるのであれば、とっとと侵入して天秤を確保し、ガルゴニスと激突する羽目になる前に天秤を消し去ってしまいたかったのだが

「だが、なぜ天空都市の輪郭が見え始めた?」「分かりません

災禍の紅月が近づいているせいなのか、それとも大昔に施された偽装の機能が低下しているのが原因だと思われます」 確かに、あの天空都市ネイリンゲンを2人の錬金術師が作り上げたのは1000年以上も前の話だ

災禍の紅月以外は常に機能し続けていたのだとしたら、その偽装が劣化してしまってもおかしくはない

何年先になるかは分からないが、あのままでは2人の錬金術師が必死に隠した天空都市があらわになってしまう

あなたも好きかも:北斗転生 スロット あべし
「念のため、今後も偵察機に確認してもらいます」「頼む」 やはり、災禍の紅月まで待たなければならないのか…………

あなたも好きかも:東武 パチンコ
 あの夜に天空都市へと向かうのであれば、必ずモリガン・カンパニーの最高戦力と真っ向から戦うことになるだろう

片足を失ってしまったエリスさんは参戦しないだろうが、それでも向こうには親父だけではなく、百戦錬磨の騎士である母さんや第一次転生者戦争を勝利に導いた策士のシンヤ叔父さんもいる

 レベルが上がったとはいえ、俺はまだ経験が少ない